体重減少

このような症状はありませんか?

  • ダイエットしていないにもかかわらず体重が減ってきている
  • 短期間のうちに急激な体重減少が起きた
  • 食事量が減っていないのに体重が落ちている
  • 便秘や下痢が慢性化している
  • 吐き気に伴ってみぞおち周辺が張っているような感じがする
  • お腹が張ってきて太ったと思っていたら体重は減っていた

体重減少の原因

体重減少の原因体重減少の医学的な定義としては、ダイエットなどに取り組んでいないにもかかわらず、直近半年~1年のうちに体重が約5%以上、もしくは4~5kg以上減った状態を指します。また、標準体重に比べ20%以上の体重減少が起きた場合、健康面に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。
体重減少の原因は、①食事などから吸収する栄養分の減少、②栄養分(エネルギー)の消費の増加の2つに大別されます。吸収する栄養分の減少は、栄養分の吸収効率の低下と、そもそも食べる量が減ったことが考えられます。一方、消費エネルギーの増加は、運動量の増加、悪性新生物などによるエネルギーの消耗が考えられます。

ダイエットのための食事量減少

食事量が減少する代表例としてはダイエットが挙げられます。ダイエットでも、カロリー計算をして栄養バランスが維持されている状態であれば問題ないですが、食事量を極端に減らしてしまうと、必要な栄養分が不足し、免疫力が低下して病気を患いやすい状態になったり、精神面にも影響して拒食症になったりする恐れもあります。
また、脂肪分や炭水化物を一切摂らないなど、食事内容が極端に偏った場合、健康を維持するための栄養素、ビタミン、ミネラルなどが足りなくなって体調を壊したり、最悪の場合は命を落としてしまったりすることもあります。このような症状は若い女性に見られることが多いですが、食が細くなる高齢者にも起こり得ます。

精神的なストレス

過労や過度なストレスによって、食欲不振になったり食事を忘れてしまうようになったりすることがあります。他にも、良質な睡眠を取れなくなったり、趣味に対する意欲が無くなったりすることもあります。
このような状態にならないためにも、食事は毎日決まった時間に3食摂る、仕事は適度に休憩を取る、毎日夜には入浴するなど規則正しい生活を意識し、疲労やストレスを溜めないようにしましょう。
もし、こうした健康的な生活を送れないほどストレスが溜まっており、体重減少が止まらない場合、精神科や心療内科を受診して専門医に相談しましょう。

消化器系の疾患

ダイエットや過度なストレスなく、急激な体重減少とともに胃腸の不調などが起きている場合、消化器系の疾患が原因として考えられます。
代表的なものとしては、胃がん、大腸がん・膵臓がんなどの消化器がんが挙げられます。進行がんでは病変部位の違和感、痛みが生じたり、さらに進行すると通過障害や消化液の分泌不全をきたし食欲不振や吸収不良をきたすことがありますし、がん細胞に栄養を吸収されたり、悪液質という代謝異常が起こることで、体重が減少をきたします。
また、消化器系の炎症性疾患(炎症性腸疾患や憩室炎、膵炎など)が原因の場合でも、腹痛や発熱、食欲不振などの症状とともに体重減少をきたすことがあります。
慢性的な下痢や脂肪便、むくみなどの症状がある際は、消化・吸収に関係する消化器・消化管の疾患が考えられます。吸収不良症症候群では、この消化・吸収の流れに異常が生じ、栄養素を吸収する働きが低下する、もしくは吸収されなくなる状態で、体重減少に繋がります。

上記のように体重減少とともに、こうした症状を伴う場合は、速やかに消化器専門クリニックである当院までご相談ください。

体重減少に関連する疾患

など

その他の疾患

糖尿病や甲状腺機能亢進症などの代謝性疾患でも、体重減少をきたすことがあります。糖尿病では、インスリンが分泌されなくなったり、何らかの原因によりインスリンがうまく働かなくなると、高血糖になり、細胞がブドウ糖をエネルギーとして利用することができなくなるため、代わりに脂肪やタンパク質が代わりに分解されてエネルギーとして利用され、体重減少が起こります。甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモンを過剰に産生させるため、代謝が過剰な状態となりいつもどおり食事を摂取しているにも関わらず体重減少が起こります。そのほか汗をかきやすくなったり、手指が震えたり、動悸などの症状があり、血液診断検査にて甲状腺ホルモンを測定し判断します。

受診の目安

受診の目安ダイエットなど意識的に体重を落とす行為をしていないのに、直近半年~1年間のうちに体重が5%以上、もしくは4~5kg以上減った場合、注意が必要な体重減少であるといえます。なんらかの疾患による可能性も考えられますので、ご自身で判断せず、医療機関を受診・相談するようにしましょう。
また、体重減少に伴って、腹痛・胃痛、胃もたれ、胸やけ、慢性的な便秘や下痢などが起きている場合は、消化器専門診療である当院までご相談ください。
当院では、腹部診察から腹部超音波検査、胃・大腸カメラ検査と更に詳細な検査で原因を追求していくことが可能です。

診療科 内科・消化器内科・胃腸内科・

内視鏡内科・肛門内科
住所 東京都武蔵野市境2-2-20

スクエア武蔵境202
TEL 0422-38-7757
アクセス JR中央線「武蔵境駅」から

徒歩2分
診療時間
9:00~12:30
外来・内視鏡検査
13:30~15:30
内視鏡検査
15:00~18:00
外来・内視鏡検査

▲:9:30~12:30
■:15:30∼17:00
休診日:水曜・日曜(第3週以外)・祝日
※日曜日は第3週のみ

アクセスマップ
イラストマップ
慈恵大学病院がん研有明病院
keyboard_arrow_up